成功事例

Seeed

サマリー

  • Seeedは、顧客と長期的な関係を築くことを重視しながら、事業向けのカスタムウェブサイトの開発、タッチ決済の受け付け、Eコマースソリューションの作成をを支援しています。
  • Seeedは現在、SquareのサブスクリプションAPIを使用するクロスプラットフォームサブスクリプション決済ソリューションを拡張しています。
  • Seeedは過去6か月で、46を超える加盟店でのSquare オンラインビジネス実装をサポートしてきました。

加盟店さまの事業をデジタル化

Seeedの社歴は、広告および印刷業からデジタルマーケティングとEコマースへと転身した12年前に始まりました。効率的なソリューションで問題を解決することをモットーに顧客と長期的な関係を築きながら、プロセスの改善と新テクノロジー採用の支援に尽力しています。

ものごとをシンプルに、しかしパワフルに

これまではウェブサイトを持たないレストランや食料品店が大半を占めていました。伝統的に、対面での体験および決済に重点が置かれていたのです。2020年は見通しが不透明となり、多くの加盟店さまがウェブサイトを作成し、オンラインオーダーを拡張し、より多くのお届け方法を提供するようになりました。Seeedはオンラインストアのデザイン、オンデマンド注文ページの追加、QRコード機能の設定など、Square オンラインビジネスをご利用いただくことにより、加盟店さまの事業をデジタル化し、オムニチャネル戦略に適応させるお手伝いをしてまいりました。

「迅速に、ものの数時間でまったく新しい販売チャネルを設定できますし、デリバリーや受け取りなどの機能も含まれているというが本当に素晴らしいです。」

–Rowland Saer、Seeed最高経営責任者

Squareと共に開発

Seeedの開発チームは地理的に点在していますので、全米各地の加盟店さまを支援することができます。Squareのソリューションパートナーチームと緊密に協力を行っているSeeedは、初めてSquare オンラインビジネスで開発を始めた代行業者のうちの1社でした。

「パートナーシップチームが常にみせている「やりましょう」という姿勢が好きなのです。」とRowlandは述べました。「私たちにとってSquareは、創造性の完全な自由と無限の可能性を意味します。」

何十もの実装を完了したSeeedは現在、サブスクリプションAPIを使用する新しいアプリと新しいSquare Online オンラインビジネスのタッチ決済オーダー機能を開発しています。同社の開発チームは、Square APIに関する価値ある製品フィードバックを提供し、Square DeveloperフォーラムやSlackチャネルを通じて技術的なサポートを得ています。